本文へスキップ

    日本最初の天神さま

電話でのお問い合わせはTEL.0835-23-7700

今月の行事

        
平成30年6月(水無月)
6:30 朔日詣り(朝粥会)  月次祭(御本殿) 
10:00 梅ちぎり
13:30 神前結婚式(御本殿)※参進式
15:00 神前結婚式(御本殿)
10
11 (戌の日)
12
13
14
15 月次講社祭(御本殿)
16
17 10:00 神前結婚式(御本殿)
18
19
20
21
22
23 (戌の日) 9:00 神前結婚式(御本殿)
15:00 神前結婚式(御本殿)
24
25 月次祭(御本殿) 天神市(表参道)
26
27
28
29
30 14:00 御田植祭(老松社・若松社、春風楼前)
御田植祭終了後、
夏越神事(回廊内)
16:00 
大祓式(楼門下)


1日 朔日詣り (朝粥会)
朝6時半より、参拝者全員で大祓詞奏上、宮司の講話の後、朝粥をいただきこの一カ月の清々しい気持とお力を頂きます。どなたでもご参加いただけます。
1・25日 月次祭
毎月1日と25日に行うお祭り。皇室の弥栄と国家の隆昌とともに崇敬者を始めとする国民の繁栄を祈願します。
1日 梅ちぎり
境内で収穫した梅の実を御神前にお供えした後、神職と巫女が塩漬けにして、祈願者に「お福梅」として授与したり、正月の参拝者に梅茶として振舞います。当日は敬神婦人会と市内の幼稚園児の皆さまにご奉仕いただきます。
15日 月次講社祭
天神講社の人々の安泰を祈り、御神徳を戴く月ごとのお祭りです。
30日 御田植祭、夏越神事、大祓式
御田植祭は末社、老松社・若松社の祭りで、御田植をする古来よりの五穀豊穣祈願神事です。
夏越神事は、「輪くぐり」とも云われ、祓清めた藤葛の輪をくぐり抜けることにより、罪穢を祓除き、清々しい身体で、神様より瑞々しい息吹を戴き、暑い夏を無事のりきろうとする神事です。 輪は一般に茅で作りますが、当宮では茅と同様の強い生命力を持つ藤葛を使います。神職・巫女・参拝者全員が輪をくぐり抜け終えると、藤葛を持ち帰り、近所の新築・結婚・出産等の慶事のある家に供える風習が伝えられています。
大祓式は、私たちは普段の生活において知らず知らずのうちに目に見えない罪を犯したり、穢れに触れたりしています。大祓式はいにしえより毎年6月と12月の晦日にこの罪や穢れから心身を清めて、清浄なる心身に立ち返ることを願って行われます。大祓の起源は七世紀末にまで遡るといわれ、全国の神社で斎行されております。当日は宮司以下神職がご参列の皆様をお祓い致しますので、どうぞお参りくださいませ。
詳細はこちらをご覧ください。





information情報

防府天満宮

〒747-0029
山口県防府市松崎町14−1
TEL.0835-23-7700
FAX.0835-25-0001

→アクセス・駐車場


 

あなたは人目の
        参拝者です