本文へスキップ

    日本最初の天神さま

電話でのお問い合わせはTEL.0835-23-7700

遺贈による寄付制度

        


▲協定書を手にする三井住友信託銀行防府支店の原田支店長と宮司



防府天満宮と三井住友信託銀行「遺贈」で連携協定


防府天満宮と三井住友信託銀行防府支店(戎町、原田耕一支店長)は、遺言により財産を法定相続人以外に無償で譲る「遺贈」に関する連携協定を交わした。顧客が遺言書で同宮を指定すると、非課税で財産を寄付できる。寺社との協定は全国的にも珍しいという。
同行は、遺言書の作成から執行までを行う「遺言信託」を取り扱っており、財産の一部あるいは全部を地域社会のために役立ててほしいという顧客の声に応えて、遺贈先の一つとして防府市民に親しみの深い同宮を選んだ。遺贈分の対象から除外されるため、相続税対策にもなるという。同宮は、祭事運営などの費用に充てる。
平成28年9月16日に同宮参集殿で締結式があり、両者が書類に署名した。鈴木宮司は「地域のコミュニティーの中心としての神社の重要な役割であるお祭りを盛り上げることに活用したい」とし、原田支店長も「市民の皆さんとともに、町の発展に微力ながら協力できれば」と話した。
遺贈の相談は、同支店のほか全国にある同行の本支店で受け付ける。同宮では今後、ホームページを通じて制度を周知。同支店でも無料で相談に応じる。問い合わせは、同支店(電話0835-22-2300)まで。
(以上、平成28年9月22日ほうふ日報記事転写)
尚、同行の口座等の取引が無くても無料で相談に応じるということです。


「遺贈による寄付制度」は、財産の一部を、将来防府天満宮に遺贈として寄付されたいとお考えの方に、その手続きをお手伝いさせていただくための制度です。
三井住友信託銀行の遺言信託をご利用されることにより、相続財産目録の作成から遺産分割手続きの実施まで、煩雑な相続手続きを三井住友信託銀行が代行します。
「遺贈による寄付制度」の詳細につきましては、防府天満宮から三井住友信託銀行を紹介し、ご説明させていただきます。


遺贈によるご寄付の流れ
     
【ご相談窓口】防府天満宮社務所 担当 高橋、一木
 電話 0835-23-7700
     ⇓
【信託銀行をご紹介】
防府天満宮より三井住友信託銀行をご紹介します。
     ⇓
【ご相談(無料)】
遺言書作成に関して財務コンサルタントなど、専門スタッフが無料でご相談をお受けします。(遺言書の作成・保管・執行にあたっては、信託銀行所定の費用がかかります。)
     ⇓
【遺言書の作成】
三井住友信託銀行の遺言信託業務を利用して遺言書を作成します。
遺言書の中で、防府天満宮への遺贈の内容を具体的にご指定いただきます。
     ⇓
【遺言書の保管と管理】
三井住友信託銀行が遺言書の保管と管理を行います。
     ⇓
【遺言の執行】
ご逝去のご連絡を受け次第、三井住友信託銀行が遺言の内容を執行します。
⇒防府天満宮への遺贈
⇒相続人さまなどへの遺産配分

【相続税の優遇措置について】
防府天満宮に遺贈いただいた場合、その遺贈した財産について相続税は課税されません。

information情報

防府天満宮

〒747-0029
山口県防府市松崎町14-1
TEL.0835-23-7700
FAX.0835-25-0001

→アクセス・駐車場


 

あなたは人目の
        参拝者です