本文へスキップ

    日本最初の天神さま

電話でのお問い合わせはTEL.0835-23-7700

「天神人形」のモザイク画

        




▲天神人形


「天神人形」のモザイク画


場所:防府天満宮 大石段
期間:平成27年9月19日(土)〜10月4日(日)16日間
※期間中、大石段は右側通行でお願い致します。


防府市や観光協会、商工会議所をはじめ、山口県立農業大学校や造園組合等で組織する「防府天満宮花回廊実行委員会」では、シルバーウイークに当宮の大石段を活用し、花のプランター350個で「天神人形」のモザイク画を描きます。


花回廊とは
ゴールデンウイークに合わせ、当宮の大石段に花のプランターで「幸せます」という文字を描いており、県内外から多くの方にお越しいただいております。
この度、シルバーウイークにも花回廊を実施して欲しいという声にお応えし、ゴールデンウイークとは趣向を変え、文字ではなく、形を表現しようという趣旨の元「天神人形」を花回廊のデザインに採用することと致しました。


天神人形とは
江戸時代から全国各地の天満宮周辺の人形店やお土産店で販売されているもので、防府天満宮周辺でも販売されていたようですが、現在まで残っているものはありません。当宮が発行する書籍「高杉晋作の天神信仰」(一坂太郎著)には、維新の志士 高杉晋作も持っていたと記されています。

天神人形の形に飾られた花回廊を見たり、記念撮影したりすることによって、来られた方に「幸せます」な気持ちになっていただきたいと考えております。

ほうふ天神人形についてのPDFはこちらです(防府市観光資源活性化協議会)


展示に使用した花プランターのお福分け
展示最終日に同会場において、1鉢100円で”お福分け”致します。

日時:平成27年10月4日(日)15時から(先着順)
場所:防府天満宮 大石段 下 防府市観光協会前(山口県防府市松崎町11-19)
価格:1鉢 100円・2鉢 500円(お一人様2鉢まで)

     

ほうふ天神人形
初回販売
日時:平成27年10月4日(日)11時抽選券配布 11時30分販売開始
場所:防府天満宮 大石段 下 防府市観光協会前(山口県防府市松崎町11-19)
販売:1個 800円(お一人様1個まで)
備考:初回販売は販売数が限られていますので、(20〜30個)抽選販売と致します

次回以降の販売 
販売店名:天とて屋かふぇ 
住所:山口県防府市松崎町2-5(防府天満宮 表参道)
電話:0835-28-8244
営業時間:11時〜17時(年中無休)(土日祝 10時〜17時)
入荷:毎月第二土曜日・25日 入荷予定 ※次回販売は10月25日です
備考:手作りのため一回の入荷数は変動します

●ほうふ天神人形を使用した参拝方法
@防府天満宮 表参道の店舗(天とて屋かふぇ)で天神人形を購入
A石段を上り、拝殿の前へ
B天神人形を拝殿 賽銭箱前の台に参拝者と同じ方向に向けて参拝する
C参拝後、拝殿向って左手にあるお守り頒布所で巫女さんに“奉拝 防府天満宮”の印を人形に押印いただく

防府市観光資源活性化協議会



関連書籍(取扱場所:歴史館)
  天神さん人形

多くの日本人に親しまれてきた天神様は日本各地で様々な人形となって明治・大正期に全盛を極めました。
著者が集めた1,000体を超す人形から100種218体を選びカラー図版を交え1体ごとに解説し、人形を通じて天神信仰の広がりを知ることがでます。


【2,400円】
  高杉晋作の天神信仰


動乱の時代を駆け抜けた高杉晋作らにとって菅原道真公は、挫けそうな心を励ましてくれる「志」の神様でした。
天神さまが一千年の時空を超えて明治維新に果たした役割とは。
自分の信じる道を菅公に重ね合せ、維新の原動力となった晋作の天神信仰を分かりやすくまとめています。

【1,000円】


▲5月の幸せますウィーク「花回廊」とお福分けの様子





information情報

防府天満宮

〒747-0029
山口県防府市松崎町14−1
TEL.0835-23-7700
FAX.0835-25-0001

→アクセス・駐車場


 

あなたは人目の
        参拝者です