本文へスキップ

    日本最初の天神さま

電話でのお問い合わせはTEL.0835-23-7700

梅まつり

        





第12回 梅まつり 平成29年2月19日(日)〜平成29年3月5日(日)

防府天満宮には約16種類1100本の梅樹があります。
「梅は天神様のシンボル」
境内一杯に咲き誇り、ふくよかな香りで包まれる春の日に
多くの方に楽しんでいただくために「梅まつり」を開催しています。
皆様には是非ご参拝を頂き、春のひとときをお過ごしください。
 

▲上の画像にカーソルを合わせると拡大表示します

稚児舞 2月19日、2月26日 10時(御殿)
小学校1年生から6年生の子どもたちによる神楽舞「紅わらべ」の奉納。
この「紅わらべ」は平成14年の御神忌1100年式年大祭を奉祝し、全国天満宮梅風会が企画して作られた神楽舞。菅公があこ≠ニ呼ばれておられた5歳の時に詠まれた御歌『美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある』にかわいらしく作曲・作舞をされたものです。
人形感謝祭 3月1日
受付(持参のみ):2月11日〜2月29日(8時半〜17時)
初穂料:1箱3000円

里親探し 3月1日〜5日(回廊内)

詳細はこちらです

出世梅配布 2月19日、2月26日、3月5日 11時(楼門下)
境内で採れた梅の実も含め酒造りに使用された山口県内で生産された梅の実(あがり梅)をもったいないの気持ちを込め、防府天満宮でお祓い奉製して、再び世の中の役に立った立派な梅の実の名称です。先着500名に無料配布。
 
甘酒接待
2月19日、2月25日、2月26日、3月4日、3月5日 終日(楼門下前庭)
敬神婦人会による甘酒接待


天神市 
2月25日 10時〜15時(表参道)

全国の有名社寺では、その社寺に「縁」深い「日」に市が立ち、そこにお祀りしている神様や仏様の遺徳を偲び、多くの人たちが参詣しています。
防府天満宮の門前町であった宮市は、江戸時代より「合いもの座」と呼ばれる「市」がたち、地域周辺の経済の中心地として栄えました。その「繁栄を再び」との思いより地域の人たちと共に楽しい天神市を行います。


お茶室・芳松庵芳松庵

2月24日〜26日…脇本定三、順子二人展
2月24日〜26日…布小もの作品展 平井佳世
2月24日〜26日…松下宏明 間鍋竹士 作陶展
2月24日〜26日…山城屋茶舗 京の陶磁器店
2月26日…琴奉納演奏  ※大専坊
2月26日…梅まつり茶会


文化講演会 
3月5日 11時15分(歴史館地下一階ホール)

当宮歴史館顧問の一坂太郎氏と高杉春正氏(高杉晋作子孫)による歴史対談。

天神芸術村 2月26日 10時〜15時(春風楼前広場)
大道芸、多国籍料理、ものづくりの実演販売
詳細はこちらです


行事一覧 PDFはこちらです




information情報

防府天満宮

〒747-0029
山口県防府市松崎町14−1
TEL.0835-23-7700
FAX.0835-25-0001

→アクセス・駐車場


 

あなたは人目の
        参拝者です