本文へスキップ

    日本最初の天神さま

電話でのお問い合わせはTEL.0835-23-7700

生誕180年「高杉晋作」展



生誕180年「高杉晋作」展
〜天神さまを信仰した幕末の風雲児〜
(防府天満宮歴史館顧問 一坂 太郎 監修)

期間:平成31年4月27日〜令和元年10月20日
場所:歴史館
拝観料:一般500円
団体(20名以上)400円
高校生以下無料
拝観時間:9時〜16時半

幕末の志士高杉晋作生誕180年を迎えるにあたり、天神さまを慕った晋作にスポットをあて、ゆかりある防府天満宮において非公開資料を含む約40点を展示する。



▲4月26日に内覧会を開催


〜御即位・改元奉祝記念講演会〜

一坂太郎 講演「奇兵隊と元号」
日時:5月1日(水)11時〜
場所:防府天満宮歴史館地下ホール
料金:無料(展示品の拝観一般500円・高校生以下無料)



〜生誕180年記念高杉晋作展記念講演会〜

一坂太郎 講演「晋作あれこれ −なぜ久坂は走り、高杉は止まったのか−」
日時:8月18日(日)13時30分〜(90分)
場所:防府天満宮 大専坊
料金:無料


〜鈴虫放生祭記念講演会〜
一坂太郎 講演「晋作と望東」
今年生誕180年を迎える高杉晋作と晋作が母と仰いだ野村望東。
2人の志士の関係についてお話致します。
日時:9月8日(日)15時30分〜(60分)
場所:防府天満宮歴史館地下ホール
料金:無料(展示品の拝観一般500円・高校生以下無料)

鈴虫放生祭
防府天満宮表参道西側にあります坂は、通称「鈴虫坂」と呼ばれています。
この名称は勤王の志士と呼ばれた野村望東が、境内にある大専坊に宿泊された際、聞こえてくる鈴虫の音が大変美しいと言われました事に因み、後の人々が鈴虫坂と呼んだことがはじまりです。
大専坊にて放生祭を催行し、鈴虫坂の由来となりました鈴虫の放生を行い野村望東の御霊をお慰め致します。

日時:9月8日(日)17時〜18時
雅楽演奏18時30分〜19時
場所:大専坊 
料金:無料

▲昨年の鈴虫放生祭の様子




information情報

防府天満宮

〒747-0029
山口県防府市松崎町14−1
TEL.0835-23-7700
FAX.0835-25-0001

→アクセス・駐車場


 



あなたは人目の
参拝者です